BC州とは

ブリティッシュ・コロンビア州 (BC州)は、西は太平洋、東は雄大なロッキー山脈に囲まれた、カナダ西海岸に広がる州です。広さは日本の約2.5倍。州内は地理的にも多様で、樹齢数百年の樹木が茂る温帯雨林、砂漠地帯、氷河を抱いた山岳地帯まで、変化に富んだ美しい景色に恵まれています。

旅の基本情報


バンク―バー、ビクトリア、ウィスラーなど、カナダ・ブリティッシュ・コロンビア州(BC州)の都市を旅行する際に知っておきたい、旅の基本情報をまとめました。ご旅行前にご確認ください!

通貨・為替レート・両替・チップ・税金

通貨 通貨単位はカナダドル(Canadian Dollar)、略号は$、C$、CAD。補助通貨はセント¢で、C$1=¢100です。
紙幣はC$5、 10、20、50、100の5種類。硬貨は¢5(ニッケル)、 10(ダイム)、25(クオーター)、C$1(ルーニー)、C$2(トゥーニー)の5種類があります。

※2013年2月より1セント硬貨の流通が停止されました。現金で買い物をする場合、端数の分は "0" 、"5" 、"10" の一番近い数字に切り捨てて支払います。クレジットカードやデビッドカードの場合は従来通り1セント単位で処理されます。
為替レート C$1=約92.53円(2013年3月29日現在)
ご旅行時は最新の為替レートをお確かめ下さい。
Yahoo! JAPAN ファイナンス - カナダドル/日本円レート
チップ チップ習慣があります。レストランやタクシーでの精算時に、10~15%程度のチップを渡すのが一般的。会計にサービス料が含まれている場合は不要。
両替 カナダでは大手金融機関、銀行、信託銀行、両替所などで両替することができます。銀行の営業時間は、一般的に月~金曜の9:30~16:00。その他、大型店舗、ホテル、レストランでも両替できますが、金融機関ほど為替レートは良くありません。
また、海外キャッシング機能付きのキャッシュカードやクレジットカードを使って、ATMから現金を引き出すことも可能です。「Interac」「Plus」「Cirrus」「Maestro」などのマークが目印です。旅行前に、自分のキャッシュカードをカナダで利用した場合の利用条件や手数料について確認しておくとよいでしょう。
税金 日本の消費税に相当するものとして、カナダには連邦消費税(GST)と州税(PST)があります。GSTは一律5%、州税PSTは各州により課税対象や税率が異なりますが、BC州では基本は7%。一般的な食品(乳製品、肉、野菜など)には課税されない、アルコールは10%など細かく規定されています。また、BC州内のほぼ全ての都市・地域で2~4%の宿泊税を徴収しています。

時差・アクセス

時差とサマータイム 太平洋標準時間(PST、UTC-8)
日本との時差 -17時間(※サマータイム実施時は-16時間)
バンクーバー:午前9時 = 日本:翌日午前2時

※サマータイム実施期間は3月の第2日曜~11月の第1日曜まで。
この時期は時計の針を1時間進めます。
※一部では、山岳部標準時間を採用
(日本との時差:-16時間、サマータイム実施時:-15時間)
※なお、カナダは6つの時間帯に分かれており、最東端のニューファンドランド標準時間とBC州の太平洋標準時間との時差は4時間30分。
日本からのアクセス 成田国際空港からはエア・カナダと日本航空がバンクーバーまで所要約9時間で直行便を運航。
日本からのアクセスはこちら

パスポート・ビザ

パスポート 入国時に必要なパスポートの有効残存期間は、カナダ出国予定日+1日以上。
ビザ 滞在日数が6ヵ月以内の観光・商用ならビザ(査証)は不要。入国手続きの前に機内で配られる税関申告書の記入を済ませておきましょう。
※観光・訪問、留学、就労、ワーキングホリデーなどの入国査証および許可申請に関する情報は、カナダ大使館のウェブサイトよりご確認ください。
在日カナダ大使館

【重要】渡航前に電子観光ビザ「eTA」が必要になります(2016年3月15日より)
2016年3月15日以降、カナダへ旅行するお客様は、電子観光ビザ「Electronic Travel Authorization (eTA)」のオンライン取得が必要となります。申請は有料で7.00カナダドル、有効期限は5年間です。以下のカナダ政府ウェブサイト(英語またはフランス語のみの対応)で申請でき、必要項目にご記入いただき審査が通れば、即時取得が可能です。お手元にクレジットカード、パスポート番号、メールアドレスをご準備のうえ、ご旅行前に必ずお手続きをお済ませください。

▼eTA申請はこちらから (英語のみ)
Apply for an Electronic Travel Authorization

▼日本語の申請記入方法はこちらから (PDFダウンロード)
電子渡航許可 (eTA)申請用紙記入項目についてのご案内

▼『eTAについて知っておきたいこと』 2分動画 (英語のみ)


アメリカ経由でカナダへ渡航する際はESTAの申請が必要です
ビザなしでアメリカに入国する場合、事前にインターネットを通じ、電子渡航認証システム(ESTA=エスタ)への申請を行い渡航認証を受ける必要があります。申請は渡航の72時間前までに、ESTA専用ウェブサイトから行います。日本語の案内に従い、申請者情報、パスポート情報、渡航情報、米国滞在中の住所(滞在先のホテル)などの必要事項をローマ字で入力。料金は有料でUS$14。クレジットカードまたはデビッドカードで決済できます。
アメリカ・電子渡航認証(ESTA)システム
在日大使館 在日カナダ大使館
Embassy of Canada
〒107-8503 東京都港区赤坂7-3-38
03-5412-6200

電圧・郵便・電話

電圧とプラグ カナダの電圧は110V、周波数は60Hz。プラグの差込口は2穴のA型で、日本とほぼ同じです。日本製のドライヤーや電動ヒゲソリなどの電気製品は、短時間であれば、そのまま使用しても問題ありません。ただし、精密な電気製品については、現地でそのまま使用すると故障の原因になることもあるので要注意。長時間使用する場合も含め、変圧器があった方が良いでしょう。
郵便 【料金】日本宛ての郵便類は、エアメールで出す場合、ハガキ、封書(30gまで)、グリーティングカードのいずれもC$1.85。日本までの所要日数はエアメールで通常1~2週間です。カナダ国内は、ハガキ、封書(30gまで)ともにC$0.63。
【営業時間】郵便局は土・日曜が休みで、営業時間は基本的に月~金曜9~17時です。ドラッグストアやショッピングセンターなどにも郵便局の窓口があります。切手は郵便局だけでなく、ホテルのフロントや駅、空港、バスディーポなどの売店、土産物店などのPostal Outletでも売っています。
Canada Post(英語)
電話のかけ方 公共の場所には、たいてい公衆電話が設置されています。コイン式、クレジットカード式の公衆電話があり、コイン式で使用できる硬貨は、¢5、¢10、¢25の3種類。市内通話は、1通話¢25で、時間無制限で通話できます。家庭の固定電話からの市内通話は無料。
※電話番号は、市内でもエリアコードを押します。

◎テレフォンカード(コーリングカード)

国際電話をかける場合、プリペイド式のテレフォンカード(コーリングカード)がお得です。コーリングカード会社数社が販売しており、カード会社によって日本などへの通話料金が異なります。コーリングカードは電話機に挿入せず、カードに表示してあるカード会社に電話して、音声ガイダンス(たいていは日本語案内あり)に従って、カードに印字されているID番号、国番号や通話先の番号をダイヤルします。

◎国際電話のかけ方

・カナダ→日本へ電話する場合

011(国際通話識別番号)+ 81(日本の国番号)+市外局番の最初の0を省いた数字+相手の番号
(例) 090-1234-5678にかける場合
「011-81-90-1234-5679」

・日本→カナダへ電話する場合

国際電話会社の番号(※)+1(カナダの国番号)+604(市外局番)+123-4567(相手先の電話番号)
※国際電話会社番号は下記のいずれか
KDDI(001)、NTTコミュニケーションズ(0033)、ソフトバンクテレコム(0061)、au(携帯)(005345)、NTTドコモ(携帯)(009130)、ソフトバンク(携帯)(0046)
(例) KDDIを使ってバンクーバー(604)123-4567へかける場合
「001-1-604-123-456」

祝日

祝日・祭日

国の定めた祝祭日のほか、州の祝祭日が(ファミリー・デー、BCデー)あります。

2013年祝祭日 ※は移動祝祭日 各地でのイベント情報はこちら

1月1日 元日 New Year's Day
2月11日 ファミリー・デー Family Day
3月29日 ※ 聖金曜日 Good Friday
4月1日 ※ 復活祭の月曜日 Easter Monday
5月20日 ※ ビクトリア女王誕生祭 Victoria Day
7月1日 建国記念日(カナダ・デー) Canada Day
8月5日 ※ ブリティッシュ・コロンビア・デー BC Day
9月2日 ※ 労働者の日(レイバー・デー) Labour Day
10月14日 ※ 感謝祭(サンクスギビング・デー) Thanksgiving Day
11月11日 英霊記念日 Remembrance Day
12月25日 クリスマス・デー Christmas Day
12月26日 ボクシング・デー Boxing Day

治安・安全・マナー

治安 比較的治安は良好ですが、近年置き引きや窃盗などは増えています。荷物から目を離さないよう注意したり、夜間のひとり歩きなどは避けましょう。
ご旅行の前には外務省の海外安全ホームページや在外公館医務官情報等で現地事情をご確認下さい。
外務省 海外安全ホームページ
外務省 在外公館医務官情報
飲酒 BC州での飲酒は、19歳以上の方に限られています。アルコール類を購入する場合、またアルコールを提供するナイトクラブなどに入る場合は、身分証明書の提示が求められることがあります。また、公共の場での飲酒は禁止されています。
喫煙 BC州では19歳未満にはタバコを販売してはいけないという法律があります。また、19歳以上でも、生年月日がわかる身分証明書の提示を求められることがあります。
また、禁煙条例は大変厳しく、公共施設、オフィスビルなどの建物の出入り口、バス停留所などでの喫煙は禁止です。ホテルによっては全面禁煙や、バルコニーあるいはパティオでの喫煙のみを認めているところも少なくありません。バンクーバー市ではさらに、飲食施設のパティオや人々の往来のある建物の出入り口7m以内での禁煙も徹底されています。違反の際の罰金も厳しいので、ご注意ください。