現地レポート

現地レポートでは、カナダ、ブリティッシュ・コロンビア州(BC州)からのリアルタイムなレポートをお伝えします。現地での体験談や、BC州を知り尽くした日本人移住者のレポートなど、BC州のトレンドをいち早くキャッチでき、旅の参考にもしていただけます。皆さんのコメント投稿も受け付けていますので、ぜひチェックしてください!

ウィスラーが待望のホワイトシーズンに入りました!

2014/11/27

ウィスラー山が、公式オープンの11月27日より5日早く、11月22日にオープンしました。
21日から22日にかけて新雪が20cm積もり、絶好のオープニングでした。
地元の高校生の中には、オープンの2日前からテントを張りオープニングを待っていた学生もいました。
聞いた話によると、学生はテントから学校に行き、またテントに戻るため、どんどん友達が合流してテント仲間が増えていき、22日のオープニングに備えていたとのことです。また、まだ高校生になっていないローカルのキッズの中には「よし、再来年は自分もテントでオープニングを待つぞ」と、早く高校生になってそれをやりたがっているキッズもいると聞きました。ウィスラーのコアな高校生にとっては、その年に雪があるとかないとか、そういうことには関係なく、スキー場オープン前日からテントを張って並ぶのが暗黙の恒例行事になっている感じです。

 

オープニング当日には、バンクーバーやスコーミッシュからはもちろんのこと、「もう始まるのか?」という話を聞きつけて、アメリカから来た人も意外と多く、ウィスラーには大勢の人が集まり、長蛇の列ができていました。

 

今年から新しく変わったウィスラーゴンドラは、きちんと座れるようになってとても快適。
ゲレンデにはたくさんの人がいて、まるでもうトップシーズンのような賑わいを見せたオープニングデイでした!

 

天気は曇りがちでしたが、時々青空も覗き、オープン初日としては十分以上の条件でウィスラーのホワイトシーズンが始まりました。
現在滑れるコースはウィスラーで6コース。もちろん一つのコースが長いので、アーリーシーズン・コンディションとしてはまったく問題ない状況です。
注意時事項としては、テンポラリーのスキー場境界線からは絶対にでないこと。見た目は雪があるように見えてもまだまだアーリーシーズン・コンディションなので、どこに危険が潜んでいるか分かりません。
今から5月下旬まで滑れるウィスラー。これから半年、ホワイトシーズンを十分楽しみたいと思います。

野口英雄(ノグチヒデオ)
埼玉県出身 1961年1月16日生。
大学非常勤講師からウィスラー在住20年の現地ガイドになる。趣味はアウトドア全般でMtマッキンリー登頂、エコチャレンジ・アドベンチャーレース等への参加経験あり。