現地レポート

現地レポートでは、カナダ、ブリティッシュ・コロンビア州(BC州)からのリアルタイムなレポートをお伝えします。現地での体験談や、BC州を知り尽くした日本人移住者のレポートなど、BC州のトレンドをいち早くキャッチでき、旅の参考にもしていただけます。皆さんのコメント投稿も受け付けていますので、ぜひチェックしてください!

カナダ、ウィスラー挙式

2017/02/05

冬のカナダ観光のイメージというと、真っ先に思い浮かぶのがスキー、スノーボードなどのウィンタースポーツではないでしょうか。
2010年の冬季五輪の開催地にもなり、世界中のスキーヤー、ボーダーから憧れのウィスラースキー場。ウィスラー山(2,184m)とブラッコム山(2,284m)との2つの山からなり、200以上のコースは北米最大規模です。

ピーク・トゥー・ピーク・ゴンドラで挙式したカップル

そのウィスラー山とブラッコム山を繋ぐのは、ピーク・トゥー・ピーク・ゴンドラです。全長4.4kmを11分で結ぶこのゴンドラは、地上436mの世界最高、全長4.4kmのうち約3kmは支柱が無いことも世界最長として、ギネスブックにも登録されています。
今回ご紹介するのは、このピーク・トゥー・ピーク・ゴンドラ内で結婚式を挙げたお二人です。
スキーがお好きなので、ウィスラーでの挙式が、とてもカナダらしく二人らしいと、ここに決められたそうです。

ピーク・トゥー・ピーク・ゴンドラで挙式したカップル

挙式当日は、朝から快晴。ウェディングドレス、ジャケットの上にスキーウェアを着て、ホテルを徒歩で出発し、ウィスラーゴンドラ乗り場に向かいます。その途中、すれ違う人たちにお祝いの言葉を掛けられ、初めは少し照れていたお二人ですが、多くの人に声を掛けられるので、笑顔で”Thank you!“と返すのも直ぐに慣れてきたようでした。

すれ違う人にお祝いの言葉をかけられるカップル

先ずは、ウィスラー山の中腹までウィスラービレッジゴンドラで昇ります。このゴンドラを降りたラウンドハウス前の五輪表彰台などで記念撮影後、いよいよピーク・トゥー・ピーク・ゴンドラ乗り場に向かいます。

五輪表彰台に上がって記念撮影するカップル

ピーク・トゥー・ピーク・ゴンドラ内ウェディングという特別なVIPチケットなので、列に並ぶこともなく、ゴンドラも貸し切りです。ウェディング・コーディネーターさんの携帯スピーカーから音楽が流れ、挙式を司るコミッショナーと一緒にゴンドラに乗り込みます。遠くに氷河を湛えた山々も見え壮大な景色の中、まるで空中遊泳をしているようです。

ゴンドラ内で挙式するカップル

誓いの言葉のあと、お互いサプライズで用意されたスピーチも読み上げられ、指輪の交換、そして結婚成立がコミッショナーより宣言されました。そしてその瞬間はちょうど真ん中の地上から436mの最高地点でした。

ゴンドラ内で挙式するカップル

挙式後、記念撮影をしているうちにブラッコム山に到着です。直ぐ近くのレストハウスへ向かい、デッキに出て結婚証明書にサイン、お祝いの乾杯をしました。

結婚証明書にサインをするカップル

この時も、周りにいたスキーヤーや観光客から、お祝いの言葉を掛けられるだけでなく、携帯などでお二人を撮影する人たちも大勢いました。聞いたところ、アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリアなどから来た方々で、この日のお二人の幸せはウィスラーから世界各国へ広がっていきました。

スキー場で記念撮影するカップル

また念願だったドレス姿でのスキーシーン撮影もあり、お二人らしい挙式の1日でした。

スキーを楽しむカップル

挙式後数日間、お二人はウィスラーに滞在され、毎日スキーを存分に楽しんで日本へお帰りになりました。

最後に、日本へ帰られたお二人より頂いたお便りの一部をご紹介させて頂きます。

過去に私たちが参列してきた日本の結婚式(披露宴)は、2人をよく知る人たちがホテルに集まって祝うものでしたし、当然部外者は、他人である新郎新婦を祝ったり声をかけたりすることは、ほぼ無いと思います。ですから私たちは挙式当日まで、2人だけでする小さな結婚式という概念でおり、列席のいない披露宴は恥ずかしいので無しの方向で考えていました。
ところがそれは、だいぶお見当違いでした。挙式当日、世界中から集まったスキーヤー達が一緒に写メを撮ってくれたり、祝福の言葉を遠いところから叫んでくれたりしました。またドレスを着ていない翌日でも、昨日結婚式していたよねと、街中で声をかけてくれたり、まるで、皆さんが古くからの知り合いのように接してくれたのです。
私たちの知っている人は、誰一人いないはずが、こんなに多くの人から祝福してもらえたという感動が、私たちには信じられないものでした。それはまるでウィスラーのスキー場そのものが披露宴会場であったかのような、2人にとって忘れられない祝福を得られました。
スキー板を抱えてポーズをとるカップル

撮影協力:Couture Naoco USA / クチュールナオコUSA Kazumi H.

斉藤 光一 Koichi Saito
長野県出身、バンクーバー在住。写真家としてBC州を中心に活動中。
各書籍、雑誌の撮影をはじめ、両陛下カナダご滞在からベッカム親善試合撮影まで撮影は多岐にわたる。近年はバンクーバーに住むペットの撮影に力を入れている。
www.k-graphicphoto.com