現地レポート

現地レポートでは、カナダ、ブリティッシュ・コロンビア州(BC州)からのリアルタイムなレポートをお伝えします。現地での体験談や、BC州を知り尽くした日本人移住者のレポートなど、BC州のトレンドをいち早くキャッチでき、旅の参考にもしていただけます。皆さんのコメント投稿も受け付けていますので、ぜひチェックしてください!

純正カナダ産のスモークサーモン、メープルシロップ

2017/03/03

ここ数年カナダでは、スーパーマーケットからワインショップまで、”Buy Local!”と良く聞きます。これはその名の通り、地元産品を買って地元企業、地元農家を応援しようということです。また、地元の品だとその原材料元がしっかり分かる、という点も挙げられると思います。どこから来たのか分からないものは、口にしたくない、美味しく、より安全なモノを食したいという、当然のことでしょう。

棚に陳列されたチーナのお土産商品

今回ご紹介するのは、カナダのお土産の定番としてメープルシロップをはじめ、メープルクッキー、スモークサーモン、数の子昆布、そして最近話題のメープルコーヒー、メープルポップコーンをカナダで生産、販売して今年で創業39年になるチーナです。もちろん原材料は全てカナダ産です。
社長のショーン・リトンさんは、ラグビーの元カナダ代表のスポーツマンで、日英両語を話すバイリンガルです。そして日本のカスタマーサービスも常に研究しています。

チーナの社長 ショーン・リトンさん

チーナのスモークサーモンは、12~18時間かけて燻すファースト・ネイションズ(原住民)の燻製方法に準じていますので、芯までしかっり燻されています。そしてそのサーモンは、養殖ではなく全て天然、また魚を傷める網掛けでの漁獲をしない徹底ぶり、ということは、全て釣り上げたサーモンです。
また近年、おかず、お酒のおつまみに、スモークサーモンの小さな缶詰も人気とのお話です。

ハローキティーが描かれた純度100%のメープルシロップとクッキー

ハローキティーのマークが付いた純度100%のメープルシロップとクッキーは、街角のスーパーで買うものとは、味も香りも違いとても美味しく、その可愛さに日本の方にとても喜ばれるそうです。
メープルシロップは、パンケーキなどにかけるだけでなく、お料理の調味料としても使用する方も増えているようです。

楓の葉の形の瓶に入ったメープルシロップ

ハローキティーのメープルシロップはじめ、チーナの商品はバンクーバー国際空港の免税店で手に入れられるほか、バンクーバー郊外のチーナ・オフィスでも購入できます。
そして朗報は、チーナは東京にもオフィスがあり販売もしていますので、通販で日本でも手に入れることが出来ます。カナダの本当の味をぜひお試しください。

チーナジャパン通販サイト

斉藤 光一 Koichi Saito
長野県出身、バンクーバー在住。写真家としてBC州を中心に活動中。
各書籍、雑誌の撮影をはじめ、両陛下カナダご滞在からベッカム親善試合撮影まで撮影は多岐にわたる。近年はバンクーバーに住むペットの撮影に力を入れている。
www.k-graphicphoto.com