現地レポート

現地レポートでは、カナダ、ブリティッシュ・コロンビア州(BC州)からのリアルタイムなレポートをお伝えします。現地での体験談や、BC州を知り尽くした日本人移住者のレポートなど、BC州のトレンドをいち早くキャッチでき、旅の参考にもしていただけます。皆さんのコメント投稿も受け付けていますので、ぜひチェックしてください!

州最大の酒店、レガシー・リカー・ストア

2017/03/12

ブリティシュ・コロンビア州では、日本やアメリカのようにコンビニエンス・ストアで、お酒を気軽に買うことが出来ません。また、日本のように、ホテル内にビールの自動販売機などもありません。
昨年から、スーパーマーケットでもワインの販売も始めましたが、規制が多く普及しているとはいえませんので、この州でお酒を購入するときは、BCリカーという州政府管轄の酒店か、プライベートの酒店になります。

レガシー・リカー・ストアの外観

スカイトレインのオリンピック・ビレッジ駅、もしくはメインストリート・サイエンスワールド駅から徒歩で10分ほどのところに、酒店としてはこの州で最大のレガシー・リカー・ストアがあります。こちらは、2010年のバンクーバー冬季五輪時に選手村の真ん中に位置し、当時はチャペルとして使われていました。その秋の2010年にオープンし、今年で7年目です。

レガシー・リカー・ストアの店内

広い店内に、お酒の品数は6000点以上、そしてブリティシュ・コロンビア州のワインは800品、ビールは1000品、ウォッカ、ラムなどのハードリカーは200品以上と、地元のお酒で探しものがあれば、レガシー・リカーへ行ってみたら、と言われるほど、沢山地元のお酒をとり揃えています。

レガシー・リカー・ストアの棚に陳列されたお酒

日本酒、日本のウィスキーも販売されていて、日本酒の品数はカナダ最大です。また地元バンクーバーで作られたMade in Canadaの日本酒も人気です。

レガシー・リカー・ストアの冷蔵庫に保管されたお酒

また、このお店のユニークな点として、店内の奥に36席のハーベスト・テーブルが設置され試飲会や、シェフを招いてお酒とのペアリングを楽しむイベントが毎週行われています。

レガシー・リカー・ストアの店内に設置されたテーブル

マネージャーのダリルさんは、いくつものTV局でお酒を紹介することが多く、ラジオでもお酒の番組を担当していますので、バンクーバーでは有名人です。カナダのお酒のことなら何でも聞いてください、とのことです。

レガシー・リカー・ストアのマネージャーのダリルさんとワイン担当ソムリエのレスリーさん

ワイン担当でソムリエのレスリーさんは、ワインはもちろん日本酒についても精通しています。以前日本に住んでいたこともあり、日常会話の日本語は問題ありませんので、お勧めのワインなど気軽に声をかけて、お好みのBC(ブリティシュ・コロンビア州)ワインをぜひ見つけて下さい。

Brand Manager: Darryl Lamb
Wine Supervisor: Lesley Saito
Legacy Liquor Store(英語)
1633 Manitoba Street, Vancouver

斉藤 光一 Koichi Saito
長野県出身、バンクーバー在住。写真家としてBC州を中心に活動中。
各書籍、雑誌の撮影をはじめ、両陛下カナダご滞在からベッカム親善試合撮影まで撮影は多岐にわたる。近年はバンクーバーに住むペットの撮影に力を入れている。
www.k-graphicphoto.com