クートニー・ロッキーズ

クートニー・ロッキーズは、3,000m級の天を突くような峰々と氷河、蒼い湖と緑の森、点在する温泉など、美しく壮大な大自然が満喫できる山岳リゾートエリアです。

主な観光ポイント

  • 街・エリア

  • ネルソン(Nelson)

    ウエスト・クートニーの中心地として、2つの山脈に挟まれたクートニー・レイクの湖畔に広がる可愛らしい街。サンフランシスコ風のヘリテージ・ビルが多く、別名 「Queen City」と呼ばれています。19世紀末に発見された銀山の富が街を発展させ、西部カナダで最も進んだ美しい街を作り上げました。ベーカー・ストリートを始め、街には当時の古い建物が、現在でも数多く残っています。60年代からは多くのアーティストが移り住み、北米でも有数のアーティストタウンとしても知られています。

    Nelson(英語)


  • クランブルック(Cranbrook)

    クートニー・ロッキーズの玄関口として、バンクーバーなどからの定期便が乗り入れるクランブルック空港があります。古くはこのエリアの鉄道の中心として発展しましたが、現在はクートニー・ロッキーズのさまざまなエリアへの出発点として多くの人が訪れます。特にロッキーのふもとに点在するファーニー、キンバリー、パノラマなど、いずれのスキー場へのアクセスも便利なロケーションです。

    Cranbrook(英語)


  • 国立・州立公園

  • ヨーホー国立公園(Yoho National Park)

    ヨーホーとは、先住民クーリー族の言葉で「畏敬、畏怖」を表現する言葉。 切り立った鋭い峰を持つ山々や豪快に流れ落ちる滝など、スケールの大きな自然が堪能できます。神秘的なエメラルドグリーンの水を湛えるエメラルド・レイクをはじめ、カナダ最大級の落差を誇るタカカウの滝、長い年月によって石灰岩に刻まれたナチュラルブリッジ、また予約がなかなか取れない隠れ家リゾート、レイク・オハラ・ロッジなど多くの見どころがあります。

    Yoho National Park(英語)


  • ◎エメラルド・レイク(Emerald Lake)

    エメラルドに輝く水を湛えた美しい湖で、湖畔にはエメラルド・レイク・ロッジがあります。夏シーズンには、多くの観光客がハイキングやカヌーなどのアクティビティを楽しみます。湖の周りには展望が開けたトレイルが整備されていて、湖を1周したり、湖の奥にある小さな谷、エメラルド・ベイスンまで約4~5時間のハイキングなどが楽しめます。比較的アップダウンの少ないコースなので、初心者にもお勧めです。


  • グレーシャー国立公園(Glacier National Park)

    大小含めて400以上もある氷河の圧倒的な景観が楽しめる公園で、狭い谷の上に険しく切り立った山が特徴です。公園内を走る国道一号線の脇から、何本ものトレイルが延びており、氷河を眺めながらの素晴らしいハイキングが楽しめます。また公園内にはカナダの国定史跡にもなっているロジャース・パスも。ここはセルカーク山脈を越える峠で、19世紀後半に行われたカナダ大陸横断鉄道建設では「難攻不落」といわれた難所でした。日本人を含む多くの労働者がこの地の雪崩などで命を落としました。そんな人々の犠牲があり、長大な鉄道が開通し、カナダは大西洋から太平洋までつながるひとつの国になった、そんな歴史的な峠です。

    Glacier National Park(英語)


  • マウント・レベルストーク国立公園(Mount Revelstoke National Park)

    ヨーホー国立公園からトランス・カナダ・ハイウェイを西へ走り、グレーシャー国立公園を抜けると、マウント・レベルストーク国立公園に入ります。途中、山岳標準時(Mountain Standard Time)から太平洋標準時(Pacific Standard Time)に時間帯が変わるので、時計の針を1時間遅らせましょう。モナシー山脈からセルカーク山脈にかけて広がるこの国立公園は、杉や松がうっそうと茂る雨林帯から、サブアルパインの森、そしてアルパインメドウやツンドラまで、変化に富んだ自然に出会えるのが魅力。トランス・カナダ・ハイウェイが走る標高470m地点から1500mまで、26kmの道のりを16ものスイッチバックを繰り返して上るドライブルート、メドウ・イン・ザ・スカイ・パークウェイを上がってバルサム・レイクへ。ここからたくさんのハイキング・トレイルが延びています。初心者からエキスパートまで、レベルに応じたハイキングを楽しむことができます。

    Mount Revelstoke National Park(英語)


  • クートニー国立公園(Kootenay National Park)

    氷河に覆われた山峰から、サボテンが生えるほど乾燥した谷まで、バラエティに富んだ自然が自慢の国立公園。地形学的に異なる4つの山に囲まれ、約 1000種の植物が自生しています。しかしなんといっても有名なのはラジウム・ホットスプリングという温泉。ラドンを含む温泉を楽しみに多くの人が訪れます。クートニーとは、先住民が自らを呼ぶ時に使った言葉で「水の民」という意味。他にもマーブルキャニオン、ペイントポットなどの見どころがあります。

    Kootenay National Park(英語)


  • おすすめハイキングスポット

  • このエリアは、ロッキー山脈をはじめ、パーセル山脈、モナシー山脈、セルカーク山脈などの山並みが大海原のように続く壮大な山岳地帯。その3000メートル級の峯々には、1万年以上前から堆積された雪が氷河となって残り、トウヒなどの針葉樹で覆われた麓には、氷河から溶けだす水が織りなす鮮やかな蒼色の湖が点在します。緑と青、そして銀色にもみえるグレーシャーブルーが作り上げる色彩豊かな風景は、太古の地球をも想像させるかのようです。その自然が作り上げた美しい風景は、ハイキングをしながら堪能することができます。


  • スキーリゾート

  • レベルストーク(Revelstoke)

    標高差1,713mは北米スキー場で随一。バンクーバーから北東へ631km 、カルガリーから400kmに位置する、中・上級者向けのスキー場。世界的にも有数の豪雪地帯に位置するレベルストークは、世界中のパウダーフリークが注目しているスキーリゾートです。

    レベルストークの詳細はこちら


  • ファーニー・アルパイン・リゾート(Fernie Alpine Resort)

    クランブルック空港から車で1時間半、カルガリー空港からも3時間半でアクセスできる、さらさらのパウダー・スノーが自慢のスキーリゾート。トップクラスのスノーボーダーが多く移り住んだことでも話題を呼びました。

    ファーニーの詳細はこちら


  • パノラマ・マウンテン・ビレッジ(Panorama Mountain Village)

    クートニー・ロッキーズのほぼ中央に位置し、ヘリスキーの名所にもなっているスキー場。お隣のアルバータ州からもわざわざヘリスキーを楽しみに日帰り客が訪れます。 スキー場のふもとにあるリゾートは、駐車場からのアクセスに専用ゴンドラが運行するなどビジターの利便性を優先した設計で、宿泊客に大人気の大きな温水プールとともに、家族連れにも人気の高いスキーリゾートです。

    パノラマ・マウンテン・ビレッジの詳細はこちら


  • キンバリー・アルパイン・リゾート(Kimberley Alpine Resort)

    ロッキー山脈の麓、パーセル山脈にある初心者に最適なスキー場。元々は鉱業で栄えた街を、冬のレクリエーション施設として市民のために造った市営スキー場でしたが、リゾート開発が進み、クワッドリフトの導入やデイロッジ、ホテルなどが建設されました。家族旅行にうれしい施設が充実しています。

    キンバリー・アルパイン・リゾートの詳細はこちら


  • 温泉

  • フェアモント・ホットスプリングス(Fairmont Hot Springs)

    毎時23万リットルもの天然温泉が湧出するカナダでも有数の温泉。有名な屋外温泉プールのほか、丘の上に岩をくり抜いてバスタブにしたネイティブバス、温泉が滝となって流れ落ちる滝壺温泉があり、野性的な温泉が楽しめます。硫黄、重炭酸塩、カルシウム、マグネシウムなどを含有し、湯温は40~43℃。温泉リゾートホテル内のスパも充実。また敷地内にはホテル、ゴルフコース、スキー場、コンドミニアムなどがあり一大リゾートを形成しています。近くにはThe Dutch Creek Hoodoosという侵食によって形成されたダイナミックな岩群を見ることもできます。

    Fairmont Hot Springs(英語)


  • ルシアー・ホットスプリングス(Lussier Hot Springs)

    小川のほとりに豊富な温泉が湧き出す天然の露天風呂があります。フェアモント・ホットスプリングスから車で約1時間、切り立った断崖や森を抜けるとホワイト・スワン・レイク州立公園の中に突然サインが現れます。道沿いの駐車場から階段を下りると、渓谷沿いに岩組みの露天風呂が3つ。脱衣所はありません。湯温は39~41℃。温泉を取り囲むクートニー山脈の景観が見ものです。


  • アインスワース・ホットスプリングス(Ainsworth Hot Springs)

    ネルソンから北に約40kmに位置する、鍾乳洞のような洞窟がそのまま温泉になっている、ユニークな温泉。もともとは銀を探すために掘削作業をしていたところ、温泉を掘り当てたという温泉です。パーセル山脈とクートニー・レイクを見下ろせる屋外温泉プールもあり、併設のホテルに泊まりながらゆっくりくつろぎながら温泉を楽しむことができます。

    Ainsworth Hot Springs(英語)


  • ラジウム・ホットスプリングス(Radium Hot Springs)

    微量のラドンがお湯に含まれる、世界的にも珍しい放射線泉。古くからこの温泉を愛用していた先住民の間で、多くの疾病に効果があると知られていました。そして1922年にクートニー国立公園の一部となって以来、世界中からその癒しのパワーを求めて観光客が訪れます。垂直に切り立った壮観なシンクレアー渓谷の崖下に、湯温27℃と39℃の2つの温泉プールがあり、毎日多くの人々が温泉を堪能しています。

    Radium Hot Springs(英語)