ビクトリア

BC州の州都ビクトリアは、歴史的な背景から英国の影響が色濃く残る街並みには花が溢れ、別名ガーデンシティとも呼ばれています。

グルメ&レストラン

食も人生もゆっくりと楽しむバンクーバー島の人々のライフスタイルは、ここ州都ビクトリアの食文化の中にも感じることができます。島で採れた旬の食材に、オリジナリティーあふれるアレンジを加えた料理は、ココロにもカラダにもいいエネルギーを与えてくれるはず。地元の旬の食材を使ったこだわりある料理、地元のワインや地ビール自慢のパブ、気持ちの良いパティオやちょっとおしゃれなインテリアのレストランなど、個性的な店もたくさん。多彩な味を存分に堪能してください。

  • ダウンタウン

  • <ウエスト・コースト料理>

  • ザ・パシフィック(The Pacific Restaurant)

    ホテル・グランド・パシフィック内のメイン・ダイニング・ルームですが、堅苦しい雰囲気はありません。新鮮な地元産の卵を使った朝食から、シェフお得意のシーフードディナーまで、メニューも豊富。オーガニックの野菜も積極的に取り入れています。朝食からディナーまで通しの営業なので、時差ボケのお腹も助かります。

    The Pacific Restaurant(英語)


  • カフェ・ブリオ(Cafe Brio)

    ビクトリアで常にベストレストランに選ばれる、黄色いテラコッタの壁を持つ素敵なレストラン。店内には地元のアーティストの絵が飾られ、落ち着いた雰囲気でお料理を楽しめます。メニューは地元の有機野菜や厳選された旬の食材など、素材にこだわったもの。ほとんどのメニューがハーフ・サイズでオーダー可能なので、いろんな味を楽しめます。シェフ手作りのこだわりのサラミもはずせません。

    Cafe Brio(英語)

  • ウラ・レストラン(Ulla Restaurant)

    ビクトリアに新しい味とコンセプトでセンセーションを起こしたレストラン。こぢんまりとしたお店でメニューも多くはありませんが、どの料理も新鮮な驚きと、納得の味わいで多くのファンを掴んできました。地元の素材がシンプルに、しかししっかりと手を入れられて、美しく盛りつけられてテーブルにやってきます。いつも混み合う人気店なので予約がおすすめです。

    Ulla Restaurant(英語)


  • カミールズ(Camille’s)

    バスション・スクエアの古い意煉瓦造りのビルにある、ちょっとデラックスなウエスト・コースト料理の名店。地元のグルメ雑誌で2年連続「地元の食材を提供するベスト・レストラン」にも選ばれました。お勧めはシェフの5コースディナー。内容は日毎に変わりますが、その日の仕入れに応じたベストのお料理を、手頃なお値段で味わうことが出来ます。

    Camille’s(英語)


  • <イタリア料理>

  • カタラーノ・レストラン(Catalano Restaurant & Cicchetti Bar)

    ダウンタウンの中心にあるブティックホテル、マグノリア・ホテルの中の地中海料理レストラン。チケッティーと呼ばれる、ベニス・スタイルの小皿料理がたくさん楽しめるのが特徴です。メニューは主にスペインとイタリア料理からインスパイアされたものが中心。

    Catalano Restaurant & Cicchetti Bar(英語)


  • ザンブリズ(Zambri’s)

    数々の賞に輝くイタリアンの名店。オーナーシェフのピーター・ザンブリが、新鮮な食材を自由な発想で素敵な料理に仕上げます。ガラス張りのビルのコンテンポラリーなお店で、店内には光が溢れんばかり。ミラーボールがたくさん浮かぶバーには、ワインもたっぷりと取り揃えてあります。

    Zambri’s(英語)


  • イル・テラッツォ(Il Terrazzo Ristorante)

    ビクトリアでも最高峰のイタリア料理店として、味も雰囲気も評判のレストラン。ワインセレクションも秀逸で、700種以上をリストアップしています。花と緑に彩られ、7つの暖炉に囲まれたロマンティックなパティオで食事はいかがでしょう。正統派のイタリアンを現代風にアレンジした料理は、上品で繊細な味付けです。

    Il Terrazzo Ristorante(英語)


  • <フランス料理>

  • 10エーカーズ・ビストロ&バー&ファーム(10 Acres Bistro + Bar + Farm)

    パン屋を併設したフレンチ・ビストロ。キッシュやグラタンなどのカフェメニューから、ブイヤベースやビーフ・ブルギニオンなど本格的な料理まで揃い、ワインのセレクションも豊富です。もちろんバゲットなど自家製のパンも美味。朝食からディナーまで開いているので、天気の良い日はパティオに出て、ゆっくりと食事を楽しむのも良いでしょう。

    10 Acres Bistro + Bar + Farm(英語)


  • ブラッセリー・エコール(Brasserie L'ecole)

    チャイナタウンの古い学校の建物に収まるビクトリアでは一押しのフレンチレストラン。ワインはもちろん、ブラッセリーを名乗るだけあってビールの種類が充実しています。日替わりのメニューは正統派フレンチ・ビストロのもの。手頃な値段でパテやムール貝、ステーキなどが楽しめます。

    Brasserie L'ecole(英語)


  • <パブ・ブリューアリー>

  • カヌー・ブリューパブ・マリーナ&レストラン(Canoe Brewpub Marina and Restaurant)

    1894年に建設されたレンガ造りの発電所を、そのまま利用して改装したレストランパブ。ダウンタウンの北外れ、小さなマリーナに面したロケーションです。併設の地ビール醸造所では、5種類のビールとおすすめビールを用意。料理をつまみながら、味わい深い地ビールを味わってみてください。開放感のあるパティオからは、目の前を大小の船が行き来する風景を楽しめます。

    Canoe Brewpub Marina and Restaurant(英語)


  • スピネカーズ・パブ(Spinnakers Brewpub)

    カナダで最初の地ビール醸造所に併設されたパブ。地ビールは常に11種類以上用意されていますので、いろいろな味を試してみてください。フィッシュ&チップスなど、新鮮なシーフードはビールのおつまみにぴったりです。またB&Bスタイルのゲストハウスに宿泊も可能。レストランは朝からオープンしています。

    Spinnakers Brewpub(英語)


  • スワンズ・ブリューパブ(Swans Brewpub)

    インナー・ハーバーにあり、カナディアン・ブリューイング・アワードで賞を獲得したこともあるパブ。スワンズオリジナルの本格的な地ビール9種類の他にも国産や外国産のビールを豊富にそろえています。また夏の間、店外を彩る見事なハンギング・バスケットでも有名。

    Swans Brewpub(英語)


  • <中華料理>

  • ドン・ミー(晋美海鮮酒樓)(Don Mee Seafood Restaurant)

    ビクトリアで飲茶が食べられる数少ない店。点心の種類は60種以上あり、週末には100種類を超えるメニューがそろいます。ディナーには、新鮮なロブスター やダンジネスカニがおすすめ。ショウガソースやガーリックなど6種類の味付けから選ぶことができます。北京ダックや肉料理など、メニューの品数も多彩。 1924年に創業した老舗の広東、四川料理レストラン。

    Don Mee Seafood Restaurant(英語)


  • フォーラム・チャイニーズ(富臨海鮮飯店)(Forum Chinese Seafood Restaurant)

    チャイナタウンの中華門の向かい側にある小さいお店ですが、本格的な四川料理が食べられます。麺類も充実しているので軽いお昼に立ち寄るのにもぴったり。どのメニューもボリューム満点で、満足感たっぷりです。
    612 Fisgard Street
    Phone: (250) 385-3288


  • <ベジタリアン>

  • リバー(rebar)

    趣向を凝らしたメニューが人気のベジタリアンご用達レストラン。メニューにはアジアンテイストを加味したユニークなものも多くあります。たとえば、「エッグ・クロサワ」は、海苔、ネギ、豆腐をスクランブルエッグに混ぜ、醤油とチリソースでいただく一品。自家製ジャムやケチャップを使用して、食材にもこだわっています。(一部魚料理もあり)

    rebar(英語)


  • <デリ>

  • サムズ・デリ(Sam's Deli & Bistro)

    ボリューム満点のサンドイッチや、とびきりおいしいクロワッサンが食べられるお手軽デリ。エビとアボガドのサンドイッチは、サイズも味も大満足のメニューで、たっぷりの野菜とアボガドの上に、山盛りのエビが乗っています。スープとサラダを追加すれば立派なフルコースのランチです。

    Sam's Deli & Bistro(英語)


  • <シーフード>

  • ペスカトーレズ(Pescatore's)

    港町ビクトリアに来て、シーフードを食べ逃す訳にはいきません。ペスカトーレズは地元の人々に長く愛されてきた有名なレストラン。地元の新鮮な魚介類を使った料理は、常に高い支持を得ています。メニューではたくさんのシーフードが大皿に盛られたグラン・プラトーがおすすめ。スモーク・ツナに、生ガキ、貝やカニなど、新鮮な海の幸がたっぷりと楽しめます。地元産のワインも揃っているので、是非ソムリエに相談を。

    Pescatore's(英語)


  • <カフェ/アフタヌーンティー>

  • マーチーズ(Murchies)

    1894年創業と100年以上の歴史を持つ紅茶の専門店です。シンプルなストレートティーの他、ラベンダーのティーラテなどもおすすめ。香りも、やわらかな風味も楽しめる感動の一杯です。ここは紅茶だけでなく、軽食も充実。サンドイッチやキッシュ、サラダなど種類も豊富なデリやスイーツがガラスケースにぎっしり。これを目当てに来るお客さんで朝から行列も。隣にさまざまな種類の紅茶をはじめ、ティー用品を売っているショップが併設されているので、ティーブレイクのあとにお土産選びできます。

    Murchies(英語)


  • ビーナス・ソフィア(Venus Sophia)

    インテリアもモダンでスタイリッシュな空間。甘さをおさえたクロテッドクリームやジャムとの相性が抜群な焼き立てスコーン、地元のオーガニック野菜を使ったサンドイッチ、甘さ控えめのスイーツからなるゴージャスな3段のプレートが人気です。お茶も30種類ものオーガニック・リーフティーを揃え、選べるティーポットで味わえるのもうれしいサービス。本場英国とはひと味もちがったアフタヌーンティーが楽しめます。

    Venus Sophia(英語)


  • ハビット(Habit)

    コーヒー通に人気のカフェです。コクを楽しみたいなら深みのあるカプチーノを。香ばしい風味が漂う淹れたての一杯からは「コーヒーはただの飲み物じゃなくて、豆からカップに注ぐまでのステップが大事」というオーナーの哲学が伝わってくるようです。1916年製のビンテージロースターで焙煎された豆を使うなど、見えないところでのこだわりも人気の秘密。レンガの壁の広々とした心地いい空間でほっとひと息。イェイツ・ストリートと パンドラ・アベニューに1軒ずつあります。

    Habit(英語)


  • ジェームズ・ベイ

  • <ウエスト・コースト料理>

  • ハーバー・ハウス(Harbour House)

    閑静な街の一角にある、クラシック音楽が流れる優雅なレストラン。州議事堂からも近く、インナー・ハーバーの景色を窓越しに楽しめるロケーションです。メニューは子羊のリブ、サーモン、ステーキなど地元の食材を中心にしたもの。上品でエレガントな雰囲気ながら、アットホームな温かいもてなしが受けられるのも魅力です。

    Harbour House(英語)


  • バーブズ・フィッシュ・アンド・チップス(Barb's Fish & Chips)

    フィッシャーマンズワーフにあるフィッシュ&チップス専門店。新鮮な素材を使用してさっくりと揚がったフィッシュと、ホクホクのポテトの食感を味わってみてください。魚はタラ、おひょう、サーモンから選べます。地元の人々の憩いの場となっている人気店で、くりぬいたパンに入ったシーフードチャウダー、オイスターバーガーなどのメニューもあります。

    Barb's Fish & Chips(英語)


  • オーク・ベイ

  • <ウエスト・コースト料理>

  • マリーナ・レストラン(Marina Restaurant)

    多くのフィッシング・リゾートを持つオーク・ベイ・マリーナ・グループが、マリーナに面した桟橋にオープンした高級レストラン。ちょっとドレスアップしてのディナーにぴったりなロケーションです。地産地食のポリシーに基づいたメニューは、シーフードを中心にバンクーバー島のラムやチキンなども楽しめるもの。また地元の人に人気のサンデー・ブランチもお見逃し無く。

    Marina Restaurant(英語)


  • <アフタヌーンティー>

  • ホワイト・ヘザー(White Heather)

    オーク・ベイにある大人気のティールーム。アフタヌーンティーには、サンドイッチやケーキなどのボリュームが異なる3種類のメニューが用意されており、おなかのすき具合に応じて選ぶことができます。 ダウンタウンからタクシーで約10分。予約がおすすめです。

    White Heather(英語)


  • その他のエリア

  • <ウエスト・コースト料理>

  • シー・グラス・ウォーターフロント・グリル(Sea Glass Waterfront Grill)

    バンクーバーへのフェリー乗り場やブッチャート・ガーデンにも程近い、小さな港町シドニーのウォーターフロントにある小さなレストラン。この街で育ったオーナーシェフが真心を込めて作る料理が評判です。パティオで夕日を見ながらのディナー、そして潮風に当たりながらいただく朝食も、また格別です。

    Sea Glass Waterfront Grill(英語)


  • ステージ(Stage Wine Bar)

    ダウンタウンの北東すぐに位置するファーンウッド・エリアにあるワイン・バー。地元の農家から仕入れた食材を使ったタパスとBCワインを中心に幅広いセレクションのワインを、レンガとフローリングの落ち着いた空間で楽しめます。

    Stage Wine Bar(英語)


  • <フランス料理>

  • ディープ・コーブ・シャレー(Deep Cove Chalet)

    ブッチャート・ガーデン近くの、閑静な入江にたたずむフランス料理レストラン。スワルツ・ベイのフェリー乗り場からも車で10分ほどの距離にあります。郊外の農場のような落ち着いたセッティングに、農家の母屋のような造りのレストランで、フランス人シェフによる本格的な料理をじっくりと味わえます。また海を望むパティオもあり、ここでいただく食事も格別なもの。

    Deep Cove Chalet(英語)