アクセス・交通移動

カナダのブリティッシュ・コロンビア州(BC州)へのアクセスや、バンクーバー、ビクトリア、ウィスラーなどの主要都市間の移動についてご紹介します。BC州内は公共交通機関が整備されており、旅行者でも安心して移動を楽しむことができます。

また、アメリカ・シアトルから、BC州のバンクーバー、ビクトリアへ、オープンジョー航空券を利用した旅行やショートトリップを楽しむのもおすすめです。

日本からBC州へのアクセス

BC州の玄関口バンクーバーへは、エア・カナダと日本航空が、東京(成田)から直行便を就航。バンクーバーまでの直行便の所要時間は8~9時間。シアトルなどアメリカ西海岸乗継やアジアを経由してのフライトも利用できます。
Vancouver Airport (YVR)(英語)

エア・カナダ(AC)- Air Canada

成田/バンクーバー間を毎日運航。
成田/カルガリー間を運航(季節により運航本数が変わります)。
エア・カナダ

日本航空(JL) - Japan Airlines

成田/バンクーバー間を毎日運航。
JAL 日本航空

◎バンクーバー空港~市内へのアクセス

バンクーバー国際空港とバンクーバーのダウンタウンは約10km、約30分の距離。公共交通機関は、カナダラインと呼ばれるモノレールがあり便利です。タクシーでも約30分、およそC$35(チップを含む)で移動できます。

カナダ・ライン - Canada Line

区間: 空港―ダウンタウン(ウォーターフロント駅)
所要時間: 26分
運賃: C$ 9(曜日や時間帯によって、割引が適用される場合があります)
*ダウンタウン到着後、市バスやシーバス、スカイトレインへ乗り換える場合は、90分以内であれば同じチケットで相互乗り換えが可能。
Trans Link(英語)

主要3都市間の移動

バンクーバーを起点にバンクーバー島のビクトリア、内陸のウィスラーへ、都市間の移動交通手段をご紹介します。

◎バンクーバー=ビクトリア間の移動

海を隔てるバンクーバービクトリア間は飛行機、水上飛行機、フェリー、ヘリコプターで結ばれています。旅行者にはフェリー乗船がセットになった長距離バス利用も便利。

飛行機

ビクトリアには国際空港があり、バンクーバー空港からもエア・カナダ、パシフィック・コースタル航空が就航しています。所要時間は約25分。
Victoria Airport (YYJ)(英語)
エア・カナダ
Pacific Coastal Airlines(英語)

水上飛行機

水上飛行機は2都市のダウンタウンとダウンタウンを約35分で結ぶ便利な交通手段。1日の運航便数はその月によって異なりますが、各社1日8~15便程度。バンクーバーの発着所は、カナダ・プレイス近く、ビクトリアはインナーハーバー
Westcoast Air(英語)
Harbour Air Seaplanes(英語)

バス(BCフェリー乗船)

パシフィック・コーチ・ラインズ(Pacific Coach Lines)がバンクーバー空港とバンクーバーのダウンタウンからビクトリアまでを運行しています。バンクーバーダウンタウンの乗車ポイントはパシフィック・セントラル駅。
バス乗車後、バンクーバー南部にあるツワッセン~スワルツベイ(ビクトリア)間はBCフェリーにバスごと乗船。フェリーの乗車時間90分を含むトータルの所要時間は約4時間。ビクトリアの乗車ポイントはフェアモント・エンプレス・ホテル裏のバスデポ。
Pacific Coach Lines(英語)
British Columbia Ferry(英語)

ヘリコプター

ヘリコプターの所要時間は35分。バンクーバーは空港とダウンタウンの2か所に発着所があり、ビクトリアはダウンタウン近くのオグデンポイントにあるアウターハーバーのヘリポート。
Helijet(英語)

◎バンクーバー=ウィスラー間の移動

バンクーバー(空港、ダウンタウンの主要ホテル)からウィスラーへは便数も多いバス利用が便利。夏季は、海から山へ分け入る景色が素晴らしい観光列車での移動も人気です。また、水上飛行機・ヘリを使えば、空からの景色を楽しみながらウィスラーへ入ることも可能です。

バス

バンクーバー国際空港およびバンクーバーのダウンタウンからウィスラーまで、バスが定期的に運行されています。便数も多く、快適かつリーズナブルな交通手段です。途中数か所に立ち寄り乗車/降車場所を選べるバス、立ち寄りなしでスピーディーに運行するバス、冬季にリフト券付で販売するバスなどバリエーションもさまざま。所要時間はバンクーバーのダウンタウンから約2時間半。
Pacific Coach Lines(英語)
Perimeter Transportation(英語)
Greyhound Canada(英語)
Snowbus(英語)
Whistler Direct Shuttle(英語)
Transportation Whistler Services(英語)

列車

◎ウィスラー・シー・トゥー・スカイ・クライム号(旧ウィスラー・マウンテニア号)

Whistler Sea to Sky Climb
ノース・バンクーバーとウィスラー間を1日1往復する観光用の列車です。
ノース・バンクーバーを出発し、風光明媚な“Sea to Sky Highway”として知られるルートに沿って進みます。コーストマウンテンの山並みとハウ海峡の美しい海岸線、原生林や深い渓谷、氷河を頂く山々と、海から山へと進むうち、風景はダイナミックに変化します。
列車には、景色と空気をじかに感じられる窓のない「Heritage Observation Car」も連結され、景色の特に美しいところでは一時停車するなど3時間たっぷり堪能することができます。バンクーバー発ウィスラー行きは朝食、ウィスラー発バンクーバー行きはアフタヌーンティーが付き、ノンアルコールの飲み物も無料。バンクーバーからの日帰り利用も可能です。

《運行情報》
期間: 5月中旬~9月下旬(火・水を除く毎日1往復、片道3~3時間半)
スケジュール:
ノース・バンクーバー発 → ウィスラー(8:00発-11:30着) ウィスラー発 → ノース・バンクーバー(15:30発-19:00着)
Rocky Mountaineer(英語)

水上飛行機

定期便は夏季(5月中旬~9月下旬)で1日2往復。2都市の間をわずか30分で結びます。氷河やフィヨルド、滝を見下ろしながらの移動は空の旅ならでは。荷物は一人10kgまで。
バンクーバーはダウンタウンのコールバーバー、ウィスラーはグリーンレイクが発着ポイント。
Whistler Air Service(英語)

シアトルからバンクーバー、ビクトリアへ

シアトルのあるアメリカ・ワシントン州と接するBC州。シアトル、バンクーバー、ビクトリアの3都市は実に近い距離にあり、オープンジョー航空券を利用した旅行やショートトリップで2か国を周遊するのもおすすめです。
※アメリカへ渡航する場合、電子渡航認証システム(ESTA)の事前取得が必要です。

◎シアトル=バンクーバー間の移動

シアトル~バンクーバー間は約200km。飛行機、長距離バス、列車で結ばれています。

飛行機

シアトルからバンクーバーまでエア・カナダをはじめ各航空会社がフライトを就航しています。所要時間は約50分(飛行時間は約15分)。1日10便程度。
エア・カナダ
Alaska Airline(英語)

長距離バス

シアトルとバンクーバーを結ぶバスは毎日7~10便程度。2都市間の最もリーズナブルでポピュラーな移動手段です。バスによって、空港、ホテルでの乗り降りも可能。所要時間約4~4.5時間。
Quick Shuttle Service(英語)
Greyhound Canada(英語)
Bolt Bus(英語)

鉄道(アムトラック)

全米を走る旅客鉄道アムトラック(AMTRAK)のカスケード線(Cascades)が、シアトル~バンクーバー間を運行しています。海岸線を沿う列車の旅は、食堂車もあり、ちょっとした小旅行気分。バンクーバーは、パシフィック・セントラル・ステーション発着。所要時間約4.5時間。
Amtrak Cascades(英語)

◎シアトル=ビクトリア間の移動

シアトル~ビクトリア間は海峡を隔てて直線距離で約150km。飛行機、水上飛行機、長距離バス、フェリーで結ばれています。

飛行機

シアトル・タコマ国際空港からビクトリア国際空港までは飛行機で所要時間約45分。(飛行時間は約20分)
Alaska Airlines(英語)

水上飛行機

シアトルのダウンタウンとビクトリアのインナーハーバーを結ぶ便利な水上飛行機は、所要時間約1時間。
シアトル・タコマ国際空港から水上飛行機が発着するフェリーターミナルまでは乗客用に無料シャトルバスが運行されています。
Kenmore Air(英語)

フェリー

ビクトリア・クリッパーという高速船が、ビクトリアのインナーハーバーとシアトルのウォーターフロント桟橋を約3時間で結びます。車の乗船はできず、乗客だけを運ぶフェリー。シアトル・タコマ国際空港からビクトリア・クリッパーのフェリーターミナルまでは車で約30~45分。
Clipper Vacations (英語)

主要都市 市内交通

市内交通は、各都市のページでご確認いただけます。
バンクーバーの交通機関・アクセスはこちら
ビクトリアの交通機関・アクセスはこちら
ウィスラーの交通機関・アクセスはこちら